徒然なるままに日常を描いていく

ゲーム業界の隅っこに住むおっさんの日常

【投資】22年9月5週目の投資状況

今週も株価の下落は続いて資産は減り続けた。

ただそろそろ買い時だとは思う、どこで反転するかは誰も読めない。

 

 

SBI証券

資産状況

国内株式:0円 → 5,574円

米国ETF:441,163円 → 425,090円

投資信託:648,629円 → 622,755円

下落は止まらず、まだまだ下がり続けている。

まだ評価損益はプラスが残っているけど来週にはおそらくなくなっていると思う。

ただそろそろ落ち着きも見えてくるのではないかと少しだけiFreeETF TOPIX(年4回決算型)を購入した。

まだ下がっているので米国株式を購入後に戻ってきた日本円を使って追加で購入するかもしれない。

 

 

米国株式は絶望的なマイナス

先週の状況

今週の状況

割合表示がないけれど、米国株だけで大体マイナス370ドル→474ドルになっている。

これが今の米国株の状況だと思う。

ただそれでも為替影響で以下の通り、まだ収支がプラスになっている。

 

円安が円高になると30%は下落する事に

パッと見、どういう事かわからないかもしれないけれど、これが円高に反転するとこのプラスが一気にマイナスになる。

単純計算になるけれど120円になったとしたら1ドル20円減ることになる。

全体のドルは以下の状態

20 × 51.23 = 1024.6ドル JEPIの資産額

54 × 35.47 = 1915.38ドル SPYDの額

1024.6 + 1915.38 = 2939.98(概ね2940ドル)

この2940ドルが今の140円から120円になったとしたら20円減るので

2940 × 20 = 58800 となり日本円にしてマイナス58800円となってしまう。

1ドル100円になってしまうとこの倍、マイナス117600円となる。

 

このマイナスが全部帳消しになっているのが今の円安。

これが円高になれば一体どんなマイナスになるかは想定しておいて、実際になったときに恐ろしくなり売らないように覚悟をしておきましょう。

 

 

 

SBIラップ

資産:100421円 → 96986円

さらに下落していました。

初期投資額以上のマイナスになってしまったのでわかっていたけどこれは厳しい。

 

今週の状況

円グラフはほとんど動いていないけど、実際はすべての株価が下落していた。

ゴールドだけはそこまで減っていないけど、それ以外はもう目も当てられない。

 

 

割合履歴

ゴールドは上がっているようで結局上に書いている通り、あまり下がってないだけで他は全部下落してしまった。

 

 

割合推移

※来週の数値は諸事情で今週と同じ数値が入っています

 

 

 

SBIネオモバイル証券

資産:52313.2円 → 52103.8円(Tポイント1000P分追加)

SBIラップに投資した分のTポイントが入っていたのでポイントを使って購入した。

実際はマイナス70円になっている状態。

今回の下落は9月末に権利確定日があった株がいくつかが結構な下落になった影響。

それで先週はプラスになっていたのでこればかりは仕方ないと思う。

配当金はSBIネオモバイルの投資資金ではなく直接銀行口座に入るようにしているので実は配当額次第では美味しいかもしれない。

 

 

資産推移

一番多いときに比べて10万以上の下落。

完全に米国株のプラス分がなくなってマイナスになった結果だと思う。

下落速度はほぼ一定で下がり続けてる

この下がり方が落ち着いてきたら反転するはずなのでそれまでに投資しておくように気を付けよう。

 

 

今週のまとめ

全体的な下落が続いているのでもうプラスはほぼなくなってしまっている。

特に米国株式の下落は目も当てられないので見なかったことにしましょう。

というか見ないようにしましょう。

そうしないと精神的にデメリットしかありません。

分析したい変わりものなら止めませんが、普通の人はまず放置しておくことをお勧めします。

※定期購入していない人は買い時だけは逃さないように注意!

 

 

=================

投資は自己責任で行いましょう。

にほんブログ村 投資ブログへ
にほんブログ村